1. TOP
  2. 支部のご案内

支部のご案内

● 水前寺支部

水前寺支部写真

水前寺支部は、森の都・熊本市の中央を流れる白川の左岸から、浜線バイパスの北側、健軍川に囲まれた一帯を管轄エリアとしています。エリアの中央には、熊本を代表する名所である水前寺成趣園があり人気の観光スポットとなっています。また、一帯は動植物園や近代文学館が点在し、豊かな緑に囲まれて文化を満喫する場所として、市民に親しまれています。

支部会員
一覧表

●北部支部

北部支部写真

北部支部は、三大名城の一つとして数えられる熊本城をはじめ、熊本の文教発祥の地として知られる上通り商店街や多くの学生が通う熊本大学、また湯の里として有名な菊池市、住宅団地開発が進む合志市を管轄エリアとしています。エリアは歴史と観光の街として、また熊本市のベットタウンとして発展を続けます。

支部会員
一覧表

●中央支部

中央支部写真

中央支部は、県下最大の繁華街である下通り商店街を含む市内の中心部を管轄しています。エリア西側は、分譲マンションの建築が続いた新町付近・熊本新港を要する沖新町など幹線道路の開通も相まって現在も開発が進んでいます。東南側エリアは流通団地が完成し、医療機関の移転に伴って流通・医療福祉の中核を担っています。さらに熊本駅周辺は、九州新幹線開業を控え、大きく変貌を遂げつつあります。

支部会員
一覧表

●東部支部

東部支部写真

東部支部は、東バイパスの東側から、上益城郡益城町・御船町・甲佐町・山都町の矢部清和地区と広範囲です。嘉島大型ショッピングモールのオープンなど街づくりの整備が行われ、新しい市街地として発展してきました。また、益城熊本空港インターチェンジやグランメッセ熊本があり機能的な街へと整備が進んでいます。

支部会員
一覧表

●龍北支部

龍北支部写真

龍北支部は、美しい杉並木や複式火山阿蘇を従えた風光明媚な地域に位置します。龍田町を基点に、菊池郡北東部、大津町、阿蘇町に至る南北20km東西60kmにわたる広大なエリアです。市街地はもちろん、県下最大級のベッドタウン「光の森」住宅の開発に伴い、JR光の森駅が開業し、工業団地があり、また山林あり、別荘地ありと多様な基盤が形成されています。国内トップレベルの企業も拠点を構えていることから、今後の発展も期待できるエリアです

支部会員
一覧表

●八代水俣支部

八代・水俣支部写真

八代水俣支部は、八代市 水俣市 芦北郡芦北町・津奈木町を管轄しています。八代エリアは、白亜の石垣が連なる八代城(別名白鷺城)や県下第2位の人口を有する田園工業都市であり、いぐさの生産でも有名です。水俣・芦北エリアは、八代海を望む風光明媚な地域ですが、かつては水俣病の発生地として知られていました。現在ではその反省から環境・健康・福祉を大切にする産業文化都市として発展しています。両エリアともに九州新幹線の開通も相まって注目されているエリアです。

支部会員
一覧表

●荒尾支部

荒尾支部写真

荒尾支部の管轄エリアである荒尾地域は、熊本県の西北端に位置しています。一時は三池炭鉱の恩恵も受けて人口が増加した時期もありましたが、現在は閉山し従業員数も減少の一途をたどりました。しかし、一帯は小袋山や有明海に面した豊かな自然環境に恵まれており、荒尾梨に代表される農産物や小袋焼きなど伝統工芸品などは地域の豊かさを語る上で欠かせない特徴であり、九州でも有数の集客力を誇る大型レジャーゾーン・温泉センタービルなど施設も充実しています。

支部会員
一覧表

●玉名支部

玉名支部写真

玉名支部は、熊本県の北部、九州のほぼ中央に位置する玉名地域を管轄エリアとしています。南に有明海から雲仙を望み、北の小袋山を背に広がる田園観光都市として古くから発展を続けてきました。昨今では、荒尾・玉名地方拠点都市地域の指定を受け、玉名地域は、有明広域圏の中心都市として変貌を遂げつつあります。また九州新幹線の開業を控え、新玉名駅の建設や周辺整備、玉名バイパス開通工事も進み新たなる町づくりは進んでいます。

支部会員
一覧表

●宇城支部

宇城支部写真

宇城支部は、熊本県の中央に位置し、北は熊本市、南は八代地域、西は有明海、八代海及び天草地域に隣接しており、熊本市城南町、富合町、宇城市、宇土市、下益城郡美里町を管轄エリアとしています。熊本市のベットタウンとして、八代・天草への通勤エリアとしても注目を集めています。エリア内には、火の君の君臨を偲ばせる塚原古墳台地や美里町にある全3333段の日本一の石段・宇土市の轟泉水道があり魅力的な観光スポットも数多く点在しています。

支部会員
一覧表

●人吉支部

人吉支部写真

人吉支部が管轄する人吉・球磨エリアは、熊本県南部に位置する1市4町5村からなります。九州山地に囲まれた盆地を球磨川が東西に貫流し、豊かな自然と相良藩の時代から続く文化財が点在している地域です。中でも、人吉城址や武家屋敷、古い蔵をもつ商家が立ち並ぶ人吉市は九州の小京都と呼ばれ、温泉めぐりとあわせて観光地としてにぎわっています。

支部会員
一覧表

●天草支部

天草支部写真

天草支部の管轄エリアは、天草全島。豊かな海に囲まれた島々には今もすばらしい自然環境が残り、天草は美しい海に包まれたロマンの島として、阿蘇とともに熊本の2大観光地として発展を遂げてきました。熊本新港を本渡を結ぶ高速船の就航や、天草空港の開港により熊本・福岡・松山をつなぐ飛行機も運行され、また島内にバイパスも開通し交通網の整備も進んでいます。

支部会員
一覧表

●山鹿支部

山鹿支部写真

山鹿支部は、人口6万人の山鹿市と人口3万人の熊本市植木町をあわせた都市圏内が管轄エリアです。山鹿地域は古くから湯の町として親しまれてきた地域です。熊本県北部に位置する山鹿温泉の由来も800年ほど昔にさかのぼります。また、全国的に有名な山鹿灯篭まつりは、景行天皇をお祀りした大宮大社の祭り。暗闇に浮かぶ灯篭が幻想的な祭りであり、多くの観光客を集めています。

支部会員
一覧表

ページトップへ